脱毛体験

脱毛は自己処理か?サロンか?

自分で脇、足の脱毛をすると、どうしても黒ずみが残ってしまいます。
また、足は毛穴が目立ってしまい乾燥しやすくなる場合も出てきます。
そうなると、どうしても剃った後は脇や足に自信を持てなくなり出来ればあまり見せたくなくなってしまいます。

 

自分で脱毛する場合、見えない部分もあるので、剃り残しも勿論出てしまいます。そして脱毛しても、エステよりは長くきれいな状態で維持できません。
自分で継続して脱毛するのは結構な手間と時間がかかり、剃った後のケアを頑張ってもどうしても素人なので限界があります。

 

脱毛サロン

 

乾燥が気になって、ケアに時間もかかり毎日が大変です。
安全剃刀でも、不注意で出血してしまう方も多いんです。
出血した後は、肌を出せなくなるので不便です。

 

自分で脱毛する方が断然安いんですが、肌のケア、安全性、脱毛の維持を考えると、将来の投資と考えてエステに通って脱毛したほうが間違いないでしょう。
やはりエステサロンは、肌に関してもプロです。
きちんと自分の肌の特徴を相談して、通ったほうが安心です。
迷っているのであれば、体験コースなどもありますので一度カウンセリングに行く事をオススメします。

 

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛は、脱毛処理の中でも痛みが小さいとされている光脱毛を凌ぐほど痛みを感じずに施術を受ける事が可能です。

 

その理由は、ハイパースキン脱毛は光脱毛を含む従来の脱毛処理とは仕組みが異なる様子が関係しています。

 

ハイパースキン脱毛と光脱毛では光を照射するターゲットが根本的に異なり、光脱毛の事例では毛根に存在している毛母細胞や毛乳頭にダメージを与え脱毛するのに対し、ハイパースキン脱毛は表皮の浅い部分に位置しているバルジ領域にアプローチしていくという特徴があります。

 

バルジ領域は髪の毛も元となる発毛因子が生成されているので、ハイパースキン脱毛の負担が無い優しいアプローチの仕方であっても、しっかりと以後ムダ毛が生えてこないようにする事ができます。

 

また、ハイパースキン脱毛が著しく注目度を集めているのは、脱毛しムダ毛が無い肌が手に入れられ、ムダ毛処理から解放されるという従来の魅力に加え、脱毛処理を受けながら美肌が手に入れられるようになるためです。

 

ハイパースキン脱毛が放つ光の中には30%の割合でコラーゲンを生成させる要素が存在するので、エステサロンで美肌を目的としたケアを受けたようにキメが整い美しい肌になれます。

 

SHR脱毛

SHR脱毛はSuperHairRemovableの略で、蓄熱式脱毛と言われる方法です。

 

従来と異なるメリットがあるので、採用している施設が増えています。

 

SHR脱毛は毛根の周期に関係なく行えるのが特徴です。

 

従来の方法と比較をして、早い期間で希望する状態になる可能性があります。

 

短時間時で一回の治療を終えるのがSHR脱毛の特徴です。

 

SHR脱毛は、色素が薄い産毛にも反応するのが魅力になります。

 

SHR脱毛は毛包に反応する方式なので、日焼けやシミそしてほくろがある場合でも治療が可能です。

 

SHR脱毛は従来より痛みが少ないので、肌が弱い方や火傷の心配がない方法になります。

 

2週間から1か月に一度通い治療を受けるようにするのが基本的な間隔です。

 

肌への負担が比較的少ないので、従来の方式で肌にダメージを経験した方や肌がデリケートな方に適しています。

 

比較的に新しい治療法なので、導入している施設が少ないです。

 

事前にどの施設でこの治療が可能か調べるようにします。

 

SHR脱毛は比較的に費用が安い事が多く、初めて利用する方は定額性のプランを利用して様子を見るのが良いです。

 

痛みが苦手な方や安全面を重視する方がこの方法を利用しています。

 

SSC脱毛

ムダ毛を無理なく綺麗に処理する方法として脱毛を利用する人も多いでしょうが、ひとえに脱毛と言っても美容クリニックで行うのか脱毛サロンで行うのかによって大きな違いがあります。

 

人気のサロンの多くではSSC脱毛脱毛という施術を導入しているのですが、SSC脱毛にはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか。

 

SSC脱毛は脱毛したい部位にジェルを塗り、その上から毛根細胞を破壊する特殊な光を当ててムダ毛処理を行う脱毛方法です。

 

施術を行うことで一気にムダ毛が抜けるのでなく、徐々にムダ毛が抜けて薄くなっていき、施術を重ねることで自然にムダ毛をなくすことができます。

 

SSC脱毛の大きな特徴は施術時にムダ毛処理と同時に美肌効果が期待できる点、そして施術の際の痛みが殆どない点が挙げられます。

 

一般的に光脱毛はレーザー脱毛と比較すると痛みが少ないのですが、SSC脱毛は光脱毛の中でも特に痛みが少ないので、敏感肌の人やVIOなどのデリケートな部分の脱毛を考えている人に最適です。

 

またSSC脱毛は毛周期に関係なく脱毛できる点も大きなメリットです。

 

他の光脱毛やレーザー脱毛の場合、毛周期に合わせて施術を行うため、脱毛完了までに時間がかかりますが、SSC脱毛の場合比較的はやく終わらせることができます。

 

IPL脱毛

大手の脱毛サロンなどで導入されているIPL脱毛は、ムダ毛に含まれているメラニン色素に特殊な光が反応して照射することで、毛根に直接ダメージを与えて脱毛を促すことが出来る仕組みとなっています。

 

エステサロンや脱毛サロンで導入されている施術は複数ありますが、その中でもIPL脱毛は特に高い効果を得ることが出来る方法として注目されています。

 

実際にIPL脱毛を受けるメリットとしては、VIOラインや両脇といったムダ毛が目立ちやすく、毛質がしっかりとしている部位に関しては非常に高い効果を得ることが出来る事や、脱毛と同時に美肌ケアと行うことが出来るので、繰り返しお手入れを行っていくことでシミを改善したり肌のコンディションを改善することが出来ます。

 

施術を行った後は直後にはムダ毛が抜けることはありませんが、照射から約2週間ほどでムダ毛が自然にポロポロと抜けるようになり、繰り返し施術を行っていくことでだんだん生えてくるムダ毛の量が減っていくので効果を実感しやすいです。

 

またIPL脱毛を採用している脱毛サロンの特徴として、施術料金のリーズナブルさが大きなメリットとなっています。

 

脱毛ケアは施術部位が広くなればなるほど施術料金が高くなるイメージを持っている方は多いです。

 

しかしスピーディーで効果的に処理を行えるIPL脱毛は、一回辺りの料金も全身脱毛で17,442〜26,055円ほどで受けることが可能です。

 

レーザー脱毛

ムダ毛の処理をスピーディーに済ませる方法として、エステサロンや医療クリニックに通ってお手入れを受ける女性が増えてきています。

 

広告などを多く行っている大手のエステサロンや脱毛サロンは、施術料金が安く店舗数も多いため、比較的若い世代の女性を中心に人気が高くなっている傾向にあります。

 

しかし施術を受ける場合エステサロンで行う脱毛ケアと、医療クリニックで行う脱毛ケアの違いをきちんと把握しておくと、スピーディーな処理を行えるようになります。

 

忙しい方やとにかく短期間でケアを行いたいなら、医療クリニックで受けることが出来るレーザー脱毛がおすすめです。

 

レーザー脱毛は医療機器であるため、美容皮膚科や美容外科などの医療機関でしか受けることが出来ます。

 

エステサロンなどで使用されているフラッシュ脱毛とは異なり、レーザー脱毛はムダ毛に含まれているメラニン色素に反応し、毛乳頭に直接レーザー照射を行い組織を破壊してしまうので、短い期間でしっかり脱毛を完了することが出来ます。

 

施術にかかる回数は平均で5〜6回でほぼ永久脱毛の状態に仕上げることが可能です。

 

エステサロンの脱毛が10〜12回ほどかかるのに対して、短い回数と期間でケアが行えるレーザー脱毛は確実な脱毛ケアを済ませたいと思っている方に非常におすすめの方法となります。

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛とはどのような脱毛方法なのか知りたいという人もいるかもしれません。

 

これは毛穴に針を差し込み、電流を流して毛根を破壊するという施術あり、かつては主流となっていた脱毛方法です。

 

ニードル脱毛は光脱毛や医療レーザー脱毛よりも効果が高く、永久脱毛として認められている方法です。

 

光脱毛や医療レーザー脱毛の場合、産毛や白髪に対しては効果が出にくいのですが、この方法なら問題ありません。

 

1本1本確実にムダ毛を処理することができるため、他の方法では効果が出なかったという人にもおすすめです。

 

また、日焼けしている人にもこの脱毛方法はおすすめです。

 

日焼けしてはだが黒ずんでいる場合、光脱毛や医療レーザー脱毛を受けられないことがありますが、ニードル脱毛ならどんな肌の色の人でも施術を受けることができるのです。

 

また、日焼けだけでなくホクロや黒ずみがある部分にも施術できることがポイントです。

 

ニードル脱毛は永久脱毛として認められている方法ですが、デメリットもあることを知っておきましょう。

 

最も大きなデメリットは痛みが強いということであり、痛みに耐えきれずに途中でやめてしまうという人も多いです。

 

また、費用の高さもデメリットです。

 

ニードル脱毛は脇だけで20万円程度かかりますし、全身なら100万円以上かかってしまいます。

埋もれ毛処理で腋が真っ黒に!

腋毛の自己処理の失敗談です。

 

高校生の頃腋毛が生え始めました。

 

脚や腕のムダ毛処理と同じく使い捨てカミソリで処理をしていました。

 

ある日腋を観察するとまだ皮膚の表面に出ていない埋もれ毛があることに気づきます。

 

指や毛抜きで押したりひっかいたりして埋もれ毛を強制的に外に出してみました。

 

一時的には埋もれ毛がなくなりますがすぐに埋もれ毛ができる「いたちごっこ状態」でした。

 

無意味とわかりつつも一旦癖になると辞めがたくこの習慣は快感でした。

 

わたしがノンスリーブ姿で伸びをした瞬間母が私の腋を見て驚きの声を上げました。

 

「腋どうしたの!?真っ黒だけど」

 

恐る恐る鏡の前でバンザイしてみると両脇全体的に真っ黒でした。

 

ちょうど薄墨を腋全体に塗った感じです。

 

さすがに懲りて埋もれ毛をいじる癖を辞めました。

 

クレンジングオイルやスクラブ等色々なケアを試しました。

 

薄着の季節以外はカミソリも控え完全に放置です。

 

なるべく皮膚を刺激しないための対策でした。

 

工夫のかいあって黒ずみは徐々に薄くなったものの今も頑固に残り続けています。

 

ノンスリーブは避けていますが着る時はつり革にも掴まらず腋を完全ガードです。

 

後先考えず夢中になって埋もれ毛を処理したことが悔やまれます。

 

今のお肌の状態は昨日今日の習慣で出来ていないことを痛感しました。

 

せめて将来のお肌のために無茶な自己処理を控え日々良質な栄養を取るように心掛けています。

脱毛テープで痛い経験…

高校生時代、とても剛毛だった私…。

 

体育の日や気合を入れてスカートをはく日はいつも前日に処理するようにしています。

 

なぜなら!

 

処理から日があいてしまうと、処理漏れたものがポツポツ生えてくるので結局前日もまた処理をしないといけなくなるからです…。

 

そして、高校2年生の夏休み。

 

男女混合で遊びに行くことになりました。

 

当時はまだ細身で、すらっとした足に自信があった私はどうしてもミニスカートを履きたくて…。

 

しかも、気になる男の子がいたので完璧に処理したくて。

 

そこで選択したのは脱毛テープ。

 

張ってはがすだけという簡単なもの。

 

しかし、お風呂場でやったせいか、なぜかうまくいかず、やり方もよくないのか一回ではなかなか全部抜けません。

 

そこで、私は脛下を何度も脱毛テープの処理を繰り返したんです。

 

30分ぐらいでしょうか、なんだか、ヒリヒリしてくるような…。

 

なんと、私の脛下が脱毛テープの過剰使用のせいで、皮がむけてまだらに赤くなっているじゃありませんか。

 

お風呂からあがり、しばらく冷やしても赤の斑点は消えず、人に見られたら絶対なにか言われるなと思い当日は仕方がなくジーンズでした…。

 

日差しも強かったので、念のため日焼け止めもしていたんですが、それも傷口にしみてしみて…。

 

散々なグループデートとなってしまいました。

セルフ脱毛ワックスクリームは難しい

エステなどに行く時間があまり取れず、自宅で脱毛ができればと思い、トライしてみました。

 

安くすませたかったため方法はドラッグストアでも気軽に安価に手に入るワックスクリームです。

 

はちみつのような粘度のクリームを塗ってペーパーを置き乾いたら剥がすというシンプルなもの。

 

パッケージにも簡単、きれいというような文字が書いてあったのできっと簡単な手順できれいに脱毛できるだろうと思っていました。

 

とりあえず試したのは膝下です。

 

はちみつくらいの少し硬めのテクスチャのクリームなので、うまくぬり広げるのにも一苦労でした。

 

後からちゃんと調べてみたら少し温めてクリームを柔らかくしておけばよかったなあと思います。

 

初めて使うので四苦八苦しながらクリームを塗り広げて行くのですが、目的のひざ下だけでなくちょっと油断すると髪の毛や着ている服にもクリームがついてしまいベタベタになってしまいました。

 

脱毛用のワックスクリームなので髪の毛につくと落とすのも大変でした。

 

なんとか塗り広げペーパーをのせて固まるのを待ちましたがなかなか固まらず、どのタイミングで剥がせばいいかわからないままでした。

 

結局剥がしたときにいたいだけで多少の毛は抜けましたが、肌を痛めただけの結果となりました。

 

上手に使えば良い商品なんでしょうが、初めて使うにはコツがわかりにくかったです。

脱毛クリームで失敗したこと

いつもは、カミソリなどを使って脱毛していました。

 

でも、たまたまお店で見かけた脱毛クリームを試して見ようと思って買ってみました。

 

新発売に弱いので、買ってしまったのですが。

 

ほとんどクリームでの脱毛はしたこと後なかったのでどうなのかなと興味もありました。

 

説明をみるとすごくキレイにつるつるに脱毛出来ると合ったので試して見ようと思いました。

 

使い方は、クリームを塗って時間をおいてからティッシュなどで拭き取るものでした。

 

少しめんどくさいなと思いましたが、せっかく買ったので使いました。

 

足を脱毛したかったので、全体的にクリームをつけて時間をおいていました。

 

少し待っている間、チクチクするというか、肌がに変な違和感がありましたが別に痛みなどではなかったので様子を見ました。

 

時間がきたので、ティッシュで拭き取ってみましたが、ところどころ毛が残っていました。

 

思っていたよりも脱毛出来ていませんでした。

 

もっと時間をおいた方がよかったようです。

 

それに説明をよく読んでなかったので、カミソリなどで脱毛したあとに使うと肌に良くないと載っていました。

 

だから肌がチクチクしたようでした。

 

実際は、肌は何もなってなかったのですが、説明はきちんと読まないといけないなと思いました。

家庭用脱毛器で腕脱毛して大失敗!

ムダ毛をカミソリ処理するのが面倒になり、肌荒れも酷くなっていたので家庭用脱毛器を使ってみたんです。

 

肌が弱いため光照射の脱毛器を使うのは不安だったので、電動で1本ずつ毛を抜くタイプの脱毛器を選びました。

 

その方が肌への負担が少ないと思ったのです。

 

広範囲用と狭い範囲用の2種類のアタッチメントが入っていたので、場所によって使い分けできるし便利だと思いましたが、使ってみたら最悪の結果が待っていました。

 

脱毛器に慣れるため、一番やりやすい腕脱毛から始めたんです。

 

私の腕のムダ毛は量が多くて細いのが特徴で、カミソリだとスムーズに剃れるため、その感覚で脱毛器を腕に当てました。

 

説明書の通りに脱毛器を動かすと、毛が引っ張られて痛いんです。

 

耐えられない痛みでは無かったので、手首から肘まで脱毛しましたが、終わった後には痛みが残るし肌もヒリヒリしています。

 

これだけ痛かったならムダ毛もきれいに無くなっていると思いきや、短い毛はそのまま残っていたので、まばらに毛が生えた変な腕になってしまいました。

 

カッコ悪いので残った毛はカミソリで剃ったんです。本当は脚やワキも脱毛したかったのですが、痛みに耐えられず止めました。

 

腕脱毛した翌日、痛みは引かないどころか肌が真っ赤に腫れてしまい、皮膚科に行ったんです。

 

ただでさえ肌が弱いのに、自己脱毛したせいで肌に負担をかけすぎた結果、1ヶ月皮膚科通いになってしまいました。

 

安い家庭用脱毛器で処理しなければ良かったと後悔しています。

自己処理をやめてエステへ

以前と比べてエステへの敷居が低くなりつつある今は、脱毛をするのも一般的になってきました。

 

時間がかからない高速照射の出来る機械や、ジェル不要で不快感のない機械など、日々進化をしています。

 

自身も学生の時から毛深いことで悩んでいました。

 

他の女性と比べて毛の量から濃さまで、明らかに違いがあったからです。

 

自己処理は半日に1回で、電気シェーバーだとチクチクしてしまうため、常にカミソリ負けの跡が消えませんでした。

 

そんな時、脱毛をしている友人から価格のことなどを聞く機会があり、脱毛を始めようと決めました。

 

初めは痛みがあると聞いたので、脇や手指などの毛が薄い箇所からのスタートでした。

 

確かにパチンとゴムで弾かれたような感じはあるものの、想像していたより痛みは少なく耐えることが出来ました。

 

しかし、脚や腕、特にVIOになると、痛みは倍以上になりました。

 

飛び上がるほど痛く、しばらく皮膚がジンジンする感覚がありました。

 

3回目の照射のあとくらいからは毛の量が減り、痛みは減っていったので良かったです。

 

開いていた毛穴は閉じていき、自己処理で肌が傷つくこともなくなりました。

 

また、毎日の自己処理の時間がなくなったことで、生活が快適になりました。

 

1年くらい通う必要はありましたが、脱毛して良かったと思います。

 

余談ですが、ほとんど痛くない無痛に近いVIO脱毛ができるサロンが出てきましたね。

 

5年前だったら私も通っていたのに・・・・。

 

ちょっぴり残念です。

 

→ 痛くない脱毛サロンランキング

page top